ニキビ治療に関係する女性ホルモン

ニキビができてしまう原因は様々です。

女性の場合は、ホルモンバランスが関わっているケースも、
少なくありません。

ストレスや過度なダイエットなどを続けると、女性ホルモンの
分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れる事があります。

ストレス

ホルモンバランスが崩れる事によって、皮脂分泌が増加したり
肌のターンオーバーが低下すると、毛穴詰まりやアクネ菌が増殖
しやすくなり、ニキビができやすい肌環境になってしまうのです。

悩み

ですので、女性ホルモンが引き金となっているニキビの場合、
ホルモンバランスを整えるニキビ治療を行います。

ピルによるニキビ治療も、その中の1つです。

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンと
同じ作用をする人工ホルモン剤が含まれています。

服用する事で、ホルモン量を一定にキープできバランスを整えられます。

また、プラセンタ注射によるニキビ治療も、ホルモンバランスを
整える効果がある為、ポピュラーに行われています。