生活習慣を見直しましょう。

中性脂肪が高くなるのは、生活習慣が原因です。

高カロリー、高脂肪な食生活を長年続けていたり、運動不足であると、体に余分な中性脂肪が蓄積されていくのです。
中性脂肪が高いと、皮下脂肪がつきやすくなり、典型的なメタボリック体型になってしまいます。
また内臓脂肪もつきやすく、隠れ肥満になってしまうのです。
内臓脂肪がつくと動脈硬化や高血圧の原因になります。現代人は動脈効果や脳卒中といった血液のつまりによる病気による死亡が増えています。
現代人の死因のかなりの部分を占めるようになりました。
その原因となっているのが、肥満や高血圧。それをチェックするために中性脂肪が注目されているのです。
そこで、メタボのチェックなどが健康診断にも取り入れられるようになったのです。

また高カロリーで高脂質な食生活であると、血液中の悪玉コレステロール値が高くなり、善玉コレステロールの働きが弱まります。
そのことでも動脈硬化や高血圧に陥ってしまうのです。食生活や運動不足と言った生活習慣を見直さなければ、脂肪肝や脳梗塞や脳卒中、心臓疾患を引き起こす可能性が高まります。
できるだけ野菜中心のバランスのとれた食生活を心がけ、ウォーキングなど適度な運動を習慣にすることが大切です。

ウコンやアーモンドは中性脂肪やコレステロール値に作用するのでこうした食品を取り入れても良いでしょう。
健康を維持するだけではなく、こうした病気を防ぐ目的でも中性脂肪は注目です。中性脂肪の数値が高まると、こうした病気や予備軍として考えることができるからです。
また現在は発病していないとしても。
将来そうした病気になる危険性を秘めいていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>