中性脂肪は適正な量を保ちましょう。

中性脂肪とは身体を動かすために必要なエネルギー源となっていて、体内での働きは違いますがコレステロールと同様に脂質の一種で、それぞれに役割を持っています。

中性脂肪の体内での役割はエネルギーを蓄える事で、血液中の糖分が足りなくなってしまった時に代わりのエネルギーとして使われます。
その他にも体温を一定の温度に維持するためや、外部からの衝撃が体に加わった際に緩衝材として体の各組織を保護するなどの役割もあります。

中性脂肪と聞くと、とにかく悪いものと考えてしまいがちです。
現在では中性脂肪というのは病気の原因ともなると考えられているからです。
実際に、中性脂肪の数値が高すぎると、健康診断などでもチェックされてしまいます。
再検査の対象となったり、経過注意を言われたりしてしまいます。

本来はこのように中性脂肪は人体にとって必要なものです。
完全になくなってしまっては体にとって良くはありません。
しかし中性脂肪が増えると内臓や皮下の脂肪組織にたまっていき肥満につながってきます。
さらに脂質が血液中に増えると脂質異常症となり、動脈硬化からくる様々な疾患を引き起こす可能性があります。
ですからそのような状態を改善するために中性脂肪を下げる必要があります。
適正な量を保つ必要があるのです。

まずは食事を改善するのが良いでしょう。
炭水化物や油もの、アルコール類をできるだけ避けて、食物繊維を多く含む野菜などの食材や中性脂肪を下げる効果があるといわれているオメガ3脂肪酸を含む青魚などの摂取を心がけるようにしましょう。
こうした食事は中性脂肪だけでなく、他の内蔵疾患にとっても良い食事です。
これらの食事の改善で良い変化が見られるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>